なぜ、タイでの脂肪吸引が安心なのですか?

タイで手術、ましてや脂肪吸引なんて!と思われる方もおられるでしょう。しかし、タイでは日本と異なり、脂肪吸引の場合必ず入院となります。術後すぐに帰宅させられる日本での脂肪吸引と比べると、その安心さは雲泥の差です。

  • 最低でも1日入院 日本の日帰り脂肪吸引を受け、大変な思いをして、やっとの事で帰宅する、なんてこともありません。術後は病室のベットの上で、ゆっくり休む事が出来ます。

  • 安心の全身麻酔 手術の状況が気になって仕方が無い、音が聞こえて生々しい、なんてこともありません。手術は全身麻酔で一瞬です。

  • 緊急時でも対応可能な総合病院 万が一、手術中に緊急事態が発生したり、術後に容態が急変しても大丈夫。すぐに対応可能な総合病院での入院だから、安心です*。

  • 日本語対応可能なスタッフが常駐 日本語を話せるスタッフが、タイ到着から入院、帰国までを完全エスコート。さらに、入院する病院にも日本語対応可能な専任スタッフが常駐しているから、言葉の問題も安心です。

  • 国際的な医療機能評価(JCI)認証取得 JCIとは国際的な医療機能評価で、医療の総合的な品質や安全性、医療リスクへの対応などの項目で世界基準を満たしていると評価された医療機関のみが取得できる認証で、日本では順天堂大学医学部附属順天堂医院や三井記念病院などが取得しています。

  • 渡航費用を含めても、日本での手術費用より安価 タイへの渡航に掛かる航空券費用、そして宿泊費用を含めても、日本国内で脂肪吸引を受けた場合の費用よりも安価になります。微笑みの国タイで、バケーション気分で脂肪吸引を受けて頂けます。

* 術後の入院中や滞在中に緊急事態が発生し、緊急治療または緊急手術を受けた場合でも、クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険に加入していれば、ほとんどのケースで緊急治療または緊急手術に掛かった費用は戻ってきます。

弊社サービスをご利用のお客様からの声

  • 情報収集した結果、手術の技術が高いと知ったからです。ケアシステムや衛生面がしだかりしていると思いました。

  • ドクターや看護師、スタッフの方々も親切で、いつも笑顔が溢れていて気持ちよかったです。本当に困ったこともなく、病院やアテンドのスタッフの皆さんには毎日親身になって帰国まで見守って頂きました。

  • 手術を受けるためには、航空機の手配から始まり宿泊施設、病院とのやりとり等様々な手続きが必要です。それを全てお任せできたからこそ安心して手術に臨むことができました。術前の不安や恐怖を和らげてくれたのもアテンドのスタッフの方々でした。

TCMIC(タイ美容&医療情報センター)とは?

「TCMIC(タイ美容&医療情報センター)」のご案内

弊社が提供している医療サービスの4つのお約束

  • 医療現場でのサポート経験8年を超える日本人が全責任を持って管理と対応
  • 日本人とタイ人とのスキのないチームワーク作りで万全のサポート
  • 自社所有物件である「コンドータウン」を提供して自宅でくつろぐような滞在環境を提供
  • タイ滞在中の限らず日本での個別相談会を通じてお客様のフォローアップ

VASER脂肪吸引パッケージに含まれる費用

※手術費用は手術箇所と部位数により変動します。アテンド料金は滞在日数により変動します(滞在日数は手術部位数により変わります)。

10日間滞在
アテンド料金¥267,750〜1バーツ3.5円で換算

  • 空港往復送迎費用
  • 病院までの送迎費用
  • 入退院の手続き同行
  • 入院中のお見舞い
  • 滞在中の携帯電話レンタル
  • を含みます。

日本・バンコク間
航空券込み

  • 航空券手配の心配なし
  • エコノミークラスでの渡航
  • 深夜早朝のタイ発着、クラス変更も可能(追加料金あり)


宿泊費込み

  • コンドミニアムでの宿泊
  • 洗濯機、冷蔵庫を完備
  • 日本の地上波/BS/CSが見放題
  • 徒歩3分でコンビニあり

日本国内での脂肪吸引との比較

日本国内での
VASER脂肪吸引(腹部前面・上下腹部)
手術費用¥800,000東京都内Gクリニックの例

  • 入院なしの日帰り手術の場合。
  • アフターケア代
  • 薬代
  • 消費税
  • などを含みます。
今すぐヤンヒー病院での脂肪吸引の見積もりを依頼する

TCMIC(タイ美容&医療情報センター)お問い合わせページに移動します...